フコイダンの効果は絶大|日本人の天敵から身を守れる

自己ケアが大切です

目の疲れ

日常生活のチェックです

パソコンやスマートフォンなどブルーライトにさらされる時間が長い現代人は多くの人が眼精疲労を感じているでしょう。目薬やベリー系のサプリで疲れを軽減させる方法もありますが、ちょっとした工夫で自分でできる方法もあるのです。例えば、濡らしたタオルを電子レンジで温めて、取り出してから適温になるまで待って目にのせると簡単な温パックになり、とても眼精疲労に効果的です。また、眼球周りの筋肉を動かして緊張した筋肉を弛緩させる眼球体操なども有効です。やり方はインターネットなどで調べればすぐ出てくるでしょう。あとは、基本的な食事による栄養補給です。重要なのはビタミンB群を積極的に摂ることなので、食事だけで足りない場合はサプリなどを利用すると良いでしょう。

目の休憩が必要です

パソコンでの仕事がメインの人は、普通に考えると8時間以上もディスプレイを見ていることになるので当然目にかかる負担は大きいです。眼精疲労を感じる人は、同時にドライアイにもなりやすく、コンタクトの人はさらにその影響が大きいでしょう。可能であれば1時間に10分くらいはパソコンやスマートフォンから離れて休憩したり、パソコンを利用しない仕事などを行う事を心がけると良いです。昼休みなども、できるだけインターネットを見続けるようなことは避けて、ストレッチや散歩をして軽く昼寝したりするなどすると眼精疲労を軽減できるでしょう。症状が重い人は、アントシアニンやルテインを多く含んだ健康食品を利用して、休憩中等に摂るのも効果的です。