フコイダンの効果は絶大|日本人の天敵から身を守れる

冷えの原因と改善方法

女の人

夏場の冷えに要注意

冷え性と言っても、さまざまな種類があり、手足が冷える末端型冷え性やお腹が冷える内蔵型冷え性などがあります。手足が温かくても寒さを感じる場合は、内蔵が冷えている可能性があります。冷え性の原因は、ストレスによる自律神経の乱れや、無理なダイエット、エアコンの当たりすぎなどによるものです。また、普段の食生活も大切で、朝食を食べなかったり、冷たい飲み物を飲むことを習慣にしている場合も冷え性の原因になります。特に夏の冷え性は要注意です。オフィスや街中など、どこに行っても冷房が効いていますし、外気との温度差で体調を崩しやすくなります。また、暑いので冷たい飲み物やアイスなどを食べ過ぎてしまうことも多いでしょう。夏に冷えたからだを放っておくと症状が悪化し、そのまま冬の寒さを迎えることになってしまいます。

効果的な冷え対策とは

さまざまな病気の原因になりうる冷え性は、女性だけでなく男性にも増えてきているそうです。夏でも手足が冷えたり、下痢や便秘を繰り返す、疲れやすいという症状がある場合は、冷え性を疑ったほうがいいでしょう。冷え対策としては、まず適度な運動を定期的に行うことが大切です。仕事がデスクワーク中心の方は、普段から体を動かす機会が減っているため、筋肉量が落ちている可能性があります。ウォーキングや簡単な筋トレなど、手軽に出来ることから始めるといいでしょう。食事面でもたんぱく質を意識して摂取するようにすると、筋肉量アップにつながります。ダイエット中の方は、低カロリーな鶏肉のささみや、納豆、高野豆腐などがおすすめです。また、ビタミンやミネラルが不足すると冷え性になりやすいので、野菜も積極的に摂るようにしましょう。